米国の双頭猫 | ニュース速報 天野の秘密ファイル

米国の双頭猫

双頭の猫

米国の双頭猫が9月に12歳の誕生日を迎えたそうです。双頭ということで貴重なのですが、奇形の一種ですから、だいたいは生後すぐに、このような動物は死ぬそうです。

しかし、このフランクとルイの二人は、奇跡的にも12年間も生きたのだそうです。

彼女らの生涯を動画で振り返ってましょう。

フランクとルイのように双頭で生まれる猫は、生まれることは生まれるそうですが、かなり稀なのだそうです。それ加えて、このような奇形で生まれてくるわけですから、体に障害を抱えて生まれてくることが多いです。このため生まれて数時間で死んでしまうケースも高いそうです。

◎フランクとルイとは別の生まれたての双頭の黒猫

それに、やっぱり奇形ですから、飼い主や獣医の方が安楽死を選択する方も多いという話です。私はやっぱり命は尊いと言っていますが、ペットの子供が奇形だったらと思うと気持ちが暗くなります。

しかし、フランクとルイの飼い主の方は、そういうことをせずに育て上げたので、今年の9月8日で12歳を迎えるギネス記録となったそうです。

この双頭の猫の特徴的なことは、それぞれが脳を持っており、お互いの表情や反応は同じではないということです。

見えることができる目は、動画を見てもらえればわかりますが、たぶん、1匹1個で合計で2つ。鼻はそれぞれに1個ずつ2つ。耳は二人で1セット(2コ)。口は2コあるように見えますが、口の本来の機能は右側のフランクしかないそうです。



ちなみに、フランクとルイの子供の時の動画は、こちらになります。
埋め込みができないので、リンクでごめんなさい。

双頭と言えば、ロシアの権力者の方も二人いて、双頭と呼ばれていますが、仲良くやっていって欲しいものです。まぁ、仲良くというか国民のためにがんばって、権力争いをしないで欲しいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000364-reu-int

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

まだデータがありません。

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース速報 天野の秘密ファイル

この記事へのコメント

ニュース速報 天野の秘密ファイル TOP » まめちしき » 米国の双頭猫