中学生日記が最終回を迎えるらしい | ニュース速報 天野の秘密ファイル

中学生日記が最終回を迎えるらしい

  Sponsorerd Links

中学生日記 名古屋放送局

中学生日記 名古屋放送局

誰もが一度は見たことがあると思います。NHKの「中学生日記」が最終回を迎えることになりそうです。
よかったらブログランキングへの投票をお願いします=>投票はこちら


「中学生日記」は、NHKの名古屋放送局が制作をしており、今年の50周年を機に、番組の終了を含めて大幅な内容変更を検討するため、来年度の出演者の募集を行わないそうです。

もしかすると継続かもしれませんが、結果は来年の2月の新番組の詳細発表までは、持ち越しとなりましたが、終了ならば来年3月に最終回となります。

さて、中学生日記について簡単にまとめてみました。
初めて知ることも多いのでは無いでしょうか?

中学生日記は、NHKの名古屋放送局で制作されています。これは中学生日記の誕生からずっと名古屋なのだそうです。当初は単純に中学校を舞台にしただけで、ホームドラマの雰囲気だったそうですが、視聴者の意見を少しずつ反映していき、現在のような道徳的な番組になったそうです。

出演する中学生は、名古屋近郊に住む普通の中学生で、毎年、秋に行われるオーディションで選出されるそうです。

今年は229人の生徒が選出されました。ちなみに、生徒たちは日記生と呼ばれるのだそうです。

舞台となる東桜(とうおう)中学校は架空の中学校なのだそうです。
これはNHK名古屋放送局の所在地、名古屋市東区東桜(ひがしさくら)に由来するのだそうです。

番組で放送されるストーリーは、現役中学生の実体験を徹底的に取材して作られるそうです。その時代、その時代の中学生のキモチが反映されているそうです。

子生徒がトランクスに対して自身のブリーフにコンプレックスを抱く様を軽妙に描いた「ああ、ブリーフ」(作:飯村弘一)や主人公の女子生徒が、家庭崩壊から自立していく様を描いたシリアスな作品の「わたしたちの名前はどの辞書にも載っていない【前編】【後編】(唯野未歩子脚本)」、男子生徒の性毛が生えない悩みと思春期特有のもどかしさ、精通(夢精)をテーマとした「ボクの生えいずる悩み」(作:山本雄史)など、特筆すべき作品も多いようです。

今年は50周年ということで、中学生日記プレーバックとして、過去の名作、話題作を再放送しているそうですので、先の特筆作品も見れるかも知れませんね。


NHK「中学生日記」オープニングテーマ。中学生の気持ちから歌を作ったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000594-san-ent

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

まだデータがありません。

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース速報 天野の秘密ファイル

この記事のコメント

Holy shtnzii, this is so cool thank you.

この記事へのコメント

ニュース速報 天野の秘密ファイル TOP » TV » 中学生日記が最終回を迎えるらしい