内藤大助 選手の引退理由 | ニュース速報 天野の秘密ファイル

内藤大助 選手の引退理由

  Sponsorerd Links

内藤大助 プロボクサー フライ級

元WBCフライ級チャンピオンの内藤大助さん(37)が年内に現役を引退する可能性があるそうです。

すでに、内藤選手のご家族には「年内に引退する」と伝えているそうです。
その引退の理由について調べていました。



よかったらブログランキングへの投票をお願いします=>投票はこちら


内藤選手は、2007年7月にポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)を3度目の挑戦で破り、WBCフライ級王座を獲得しました。

ポンサクレックとの3度目の対戦

そして同年10月に、時代の寵児でした亀田大毅選手(当時協栄、現亀田)との初防衛戦で、一気に注目をされました。

亀田大毅戦

このときは亀田大毅選手が反則行為を繰り返し1年間のボクサーライセンス停止処分を受ける事態となって社会問題となり、クリーンなファイトを貫き通し、メディアが亀田兄弟に注目している中で、チャンピオンとして、「国民の期待に応える」などと発言し、大きな注目を集めました。

2009年11月、6度目の防衛戦で亀田兄弟の長兄、亀田興毅(亀田)選手に敗れてタイトルを失いました。

亀田興毅戦



この時点で家族から引退を勧める声もありましたが、2ヶ月後の2010年1月に現役続行を表明。

リベンジ亀田興毅を旗印に再起復活をかけて、同年5月に5月9日にリエンペット・ソー・ウィラポン(タイ)とノンタイトル10回戦を行い、5R KO勝ちを納めた復活は果たしましたが、肝心の亀田興毅選手が2階級を上げてバンタム級にあげたため。モチベーションがなくなってしまったそうです。

リエンペット戦

その後は、みなさんもTVでご覧の通りタレントとしてのTVの仕事をメインにされています。

TV活躍中

そして、ボクサーライセンスは毎年12月末までの更新が必要で、この更新によって翌年のライセンスが発行されるそうです。内藤選手は、昨年12月末にはその更新手続きを取らず、現在は失効状態なのだそうです。

加えてJBC(日本ボクシングコミッション)の規則で37歳の定年制をしており、8月30日の誕生日での定年という節目で、引退に気持ちが傾いたのではないでしょうか?

内藤選手の公式ブログは、今年の4月から更新が滞っていますが、ファンの方々のコメントが、それからも残されています。

内藤大助オフィシャルブログ 最短男の最短日記

  • 現役お疲れ様でした。定年まで選手、活躍されて本当すごかったです。チャンピオンおめでとう(大好き)
  • 辰吉さんみたいに返り咲きしてください!!
    バンタム級へいった興毅さんと世界戦してください!!(よしき)
  • 別に自分のエゴを押し付ける必要ないと思う。個人的には内藤さんが引退してもしなくてもファンだって事に変わりないからね!!内藤さん、また地元に帰ってきてね!レイナはこれからもずーっと応援してるし、内藤さんの事大好きですっ!(レイナ)
  • 内藤さんの試合にはとてもエキサイティングさせてもらいました!
    ハードなトレーニングとても辛かったことでしょう
    これから、違う分野でますますご活躍されますことを心よりお祈りいたします
    (天)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000161-jij-spo

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

まだデータがありません。

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース速報 天野の秘密ファイル

この記事へのコメント

ニュース速報 天野の秘密ファイル TOP » スポーツ » 内藤大助 選手の引退理由