ためしてガッテン 禁煙補助薬とアリ脳で禁煙を持続!! | ニュース速報 天野の秘密ファイル

ためしてガッテン 禁煙補助薬とアリ脳で禁煙を持続!!

  Sponsorerd Links

ためしてガッテン

NHKのためしてガッテンの2011年10月26日の放送で、「感動!禁煙がこんなに超簡単だなんて!SP」が放送されました。

最近は、保険が適用可能な禁煙補助薬を使用して簡単に禁煙ができるそうですが、それだけでは禁煙は続かないそうです。

それはどうしてなんでしょうか? そしてアリ脳とは?



よかったらブログランキングへの投票をお願いします=>投票はこちら


2008年に日本に登場した禁煙補助薬のバレニクリンを3ヶ月飲み続けることによる禁煙の成功率は約8割だそうです。
しかも、この禁煙補助薬を使用すると、たばこを吸いたいという欲求を我慢する必要がなく、楽にやめられるそうです。

たばこを吸うとニコチン約6秒で脳に達し、快楽物質であるドーパミンを強制的に放出させることで、「強烈な快楽がを即座に得る」ことができるそうです。そしてタバコを吸い続けると、本来ドーパミンを放出する役割である「アセチルコリン」の働きが弱まり、離脱症状(イライラ・昼間の眠気・落ち着きがない)が現れるようになるのだそうです。

これが禁煙の辛いところです。

このタイミングで、禁煙補助薬のバレニクリンを服用すると、ニコチンと同じ効果を発揮するそうです。それに加えて、脳がニコチンを受け付けないように作用する効果があり、禁煙を成功させる流れを作るのだそうです。
※バレニクリンは、医師の診断と処方が必要です。
 ごく稀に、意識障害も現れるそうです。

このためバレニクリンを継続して服用後の3ヶ月は、約8割の人が禁煙に成功するのだそうです。

しかし、1年後になると3ヶ月禁煙が続いた人の半分が、再度タバコを吸ってしまうのだそうです。

実は禁煙の敵は、ニコチンだけではなくて、ニコチンによって得られる強烈な快楽の記憶なのだそうです。

私たちも人にほめられたり、何かを成し遂げたり、それはそれは言葉に表せない快楽を体験したら、一生憶えていますよね。そんな風にタバコの快楽も記憶として残っているため、禁煙を継続できないのだそうです。

最新のドイツやフランスの研究では、タバコを吸う人と吸わない人では、同じ報酬を目の前にしても、タバコを吸う人の方が喜びが小さい、いやほとんど反応しないのだそうです。

このため喜びの補助・補強として、タバコを一服するということが喫煙者に定着しているのだそうです。

さて、タバコによる喜びの補強をなんとか他に置き換えられないのでしょうか?
京都大学の研究成果による、タバコを吸う人は、吸わない人の比べて、将来の喜びよりも、今の快楽を優先する傾向があることがわかってきました。

つまり、喫煙者は「キリギリス脳」で、禁煙者は「アリ脳」ということなのだそうです。
このことから番組では、禁煙の成功者の成功方法を調査して公開していました。

  • 吸ったつもりで500円貯金
  • 禁煙の節目で、ご褒美の外食
  • 吸いたくなったら子供の写真で我慢
  • 歯医者で歯をクリーニングして、白い歯を維持

キリギリス脳をアリ脳に徐々に変えるように、目標立てや我慢を行っているんですね。

禁煙が完成する最後の1歩が、やっぱり努力・我慢だけに辛いところですね。禁煙はリバウンドで体重が増えてしまうこともありますので、こちらのダイエット茶を併用されてはいかがでしょうか?

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

まだデータがありません。

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース速報 天野の秘密ファイル

この記事へのコメント

ニュース速報 天野の秘密ファイル TOP » TV, ダイエット・美容・健康 » ためしてガッテン 禁煙補助薬とアリ脳で禁煙を持続!!