モバゲー ベイスターズ 本拠地を新潟に移転か? | ニュース速報 天野の秘密ファイル

モバゲー ベイスターズ 本拠地を新潟に移転か?

  Sponsorerd Links

モバゲー

「怪盗ロワイヤル」で有名なモバゲーを運営するDeNAがベイスターズを買収する話題ですが、新球団名は横浜 モバゲー ベイスターズにほぼ決まりそうです。

ところが、その新球団名の「横浜」も「新潟」に変わりそうなんです。



よかったらブログランキングへの投票をお願いします=>投票はこちら


ベイスターズの球団売却問題ですが、水面下では根回し完了だそうです。
残りは以下の表向きの手続きのみとなりました。

  • 10月28日:現親会社のTBSホールディングと新親会社のDeNAがともに取締役会で球団譲渡が承認
  • 10月28日:正式発表
  • 12月1日:オーナー会議で12球団の4分の3以上の承認

となります。

さて、横浜 モバゲー ベイスターズとなっても、とりあえず本拠地は移転せずにハマスタを継続的に利用するそうですが、DeNAとしては将来的には新潟に移転したいという意向なのだそうです。

なぜなら、ベイスターズの買収目的は、実はDeNAの創業者が故郷に錦を飾るためだからだそうです。

南場智子

DeNAの創業者である南場智子さん(49)は、新潟市の出身でモバゲーを2700万人を越える人気サイトに急成長させたそうですが、今年5月に旦那さんの看病のために代表取締役兼CEOを退任し、代表権の無い取締役になったそうです。

代表権はありませんが、カリスマ創業者の影響力は健在で、「新潟発をの会社」を自認し、地元会いが強いそうです。2008年には新潟市内に、サイト書き込みを監視するサポートセンターを設置するなど、地元の活性化を行っています。

新潟でのホーム球場は、「HARD OFF ECOスタジアム」(新潟県立野球場)は、2009年開場で、3万人収容可能だそうで、ハマスタと球場としては遜色がありません。逆に年間の使用料が8億円から2億円にまで下がり、その上、物販や広告収入も球団側に入るため、球団経営は大きく改善される見通しだそうです。

ハードオフエコスタジアム

弱点は、観客動員数で、新潟市の人口は81万人で、370万人を擁する横浜市とは比べものにはなりませんが、Jリーグのアルビレックス新潟が毎試合2万6000人を集め、対する横浜は1万5000人なので、十分に動員できるのでは?と考えているそうです。

しかし、「HARD OFF ECOスタジアム」は、最寄り駅というか近くに鉄道はなく、JR新潟駅からバスで20分という立地だそうです。駐車場は完備されているそうですが、コアなファンが新潟まで自動車で応援にいけるかどうか。。。

また、新潟と各球団の本拠地との移動も東京経由となるため、本拠地として50試合以上をこなせるかが疑問符を打たれるところのようです。

ただし、新潟市としても町おこし、地域活性化にはもってこいなので、新潟市をあげて球場をもり立てれれば5年後には移転が可能かもしれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000046-sph-base

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ニュース速報 天野の秘密ファイル

この記事へのコメント

ニュース速報 天野の秘密ファイル TOP » スポーツ, 事件・騒動, 野球 » モバゲー ベイスターズ 本拠地を新潟に移転か?